ツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒

ツムラの漢方防風通聖散エキス顆粒の画像

ツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒は、生薬が複数種類配合された高血圧にともなう動悸やのぼせ・むくみなどのほか、湿疹やニキビなどの吹き出物治療にと幅広い効能を有しています。

 

このような効能もさることながら最近、注目を集めているのはツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒に含まれる防風通聖散には、余分な脂肪を落とす効能を持つことが研究の結果、明らかにされたことです。
それではどのようなメカニズムで脂肪を減少させる効果を発揮するのでしょうか。

 

加齢に伴い脂肪や付きやすく、落としにくい状態に変化するのは誰でも経験則上理解できる事実です。
これは新陳代謝が落ちることで脂肪燃焼効率が落ちることなどや、運動不足や過食や偏食などの生活習慣が関与しているからだと考えられています。

 

実際に日本人の3人に1人が肥満傾向にあると見られており、とりわけメタボリックシンドロームの原因にもなる内臓脂肪型肥満にはその対策も含めて深い関心が寄せられているのです。

 

肥満改善の正攻法は食事の改善や適度な運動になりますが、実際には継続するのは困難で体重コントロールは簡単に実践出来ないのが現実でした。

 

この点、防風通聖散には脂肪細胞を活性化し、脂肪の分解と燃焼を促進する作用を発揮することで内臓脂肪の減少に寄与します。

 

現在すでに付着している内蔵脂肪のみならず食事で摂取された脂肪の吸収を抑制し、新たな内臓脂肪の蓄積を抑制する作用も持っているのです。

 

さらに防風通聖散は大腸の蠕動運動を活発にし、便通を通じて脂質の排出も促進します。

 

つまり内臓脂肪を燃焼しやすく、新たな脂肪が付かないように作用するだけでなく、脂質の排出も促すことで結果的に脂肪の量を減少させることを可能にしている訳です。

 

このような多彩な効果を可能にしているのは、ツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒に含まれる18種類に及ぶ生薬だからこそです。

 

防風通聖散には、トウキ・シャクヤク・レンギョウ等漢方医学で良く用いられる生薬を配合し、安全性と効能を同時に実現している点が人気を集める理由です。